レディと犬

肝臓病でペットを苦しませないための知識|ペットガード

女性と動物

病気のタイプ

ペットの肝臓病の1つとして、急性肝炎があります。急性肝炎になった場合、化膿性肝炎や肉芽腫肝炎の2つに分けることができます。急性肝炎の症状は全体的にあまり特徴がありませんが、黄疸はわかりやすいので、すぐに気づいてあげることが大切です。

聴診器

原因を追求

化膿性肝炎と肉芽腫性では、それぞれ原因が異なります。ペットが肝臓病を発生させないためにも、原因を把握しておいたほうが良いです。特に中毒性と薬物性が原因になりやすいので、注意すべきです。

猫

療養食の処方

動物病院を利用することで、ペットの肝臓病の治療を受けることができます。療養食を処方してもらえるので、食事管理は比較的簡単です。また、ウルソなどの治療薬を処方してもらうこともできます。

食べ物とサプリで予防

男性

ペットが元気でいるために、肝臓の働きを良くすることはとても大切です。肝臓の機能が低下すると、さまざまな病気に発展してしまうので注意しましょう。ペットの肝臓病の予防をしたいなら、食事管理を徹底的に行ないましょう。肝臓に負担がかかることによって、肝臓病になってしまうので、負担が少ないフードをあげると良いでしょう。納豆とごまは、人間の健康にも良い食べ物として知られていますが、実は犬の健康にも効果があります。納豆には解毒作用、ごまには肝臓の強化作用があるので、肝臓病予防には最適なのです。ペットショップには、犬用の乾燥納豆が売られているので、まずは食べさしてみると良いでしょう。また、無添加のフードを混ぜて与えることができれば、効果的な予防ができます。ただ、こだわりすぎると費用が高額になってしまうので、できる範囲で始めてみると良いでしょう。

人間が病気の予防や健康のためにサプリメントを飲むように、犬にサプリメントを与えることで、肝臓病予防や対策できます。犬の肝臓に効果的な成分が、ニカショウやマリアアザミ、AHCCなどです。ニカショウとは、ベンケイソウ科の植物の1つで、カロテノイドやフラボンなどが豊富に含まれています。肝臓に高い効果を発揮するのはもちろん、血糖値抑制や堪能にも効果があります。マリアアザミは、キク科オオアザミ属の2年草です。2,000円以上前から肝臓疾患に利用されていたという実績があるので、安心して犬に与えることができます。このようなサプリメントを有効活用すれば、大切な愛犬の肝臓病を防ぎ、一緒に元気で過ごせます。